おすすめの睡眠サプリメントをご紹介します♪

満足に眠れないわけでは無くて、ゆったり寝れるのになかなか寝付く事が出来かねたり、朝起きた時がしんどくて朝に時間が取られしまうのなら睡眠サプリメントをやってみましょう。

睡眠に不快があっても病院へ向かって受診される人はあまりなく、そのまま放っておく事で体に変調が起こるケースがあります。

また、質のいい睡眠が取れないと体重が増えやすくなったり、成人病のリスクも上昇する事が認識しているので、眠りの改善は欠かすことが出来ないのです。

睡眠サプリは、そもそも眠りにつきやすい効き目があるアミノ酸が含有されているので、これまでまったくサプリを飲んだ経験がないという人にも一安心して摂る事ができます。

寝付けないと苦しんでいたり、日中体がだるいとお考えののであればこの機会に挙げた睡眠サプリでテストしてみましょう。

睡眠サプリメントには使用されている成分はその製品によって全く異なるので、ご希望のかそうでないのかはやってみてみなくては分かりません。

最初は1ヶ月を目処に、飲みやすさや継続しやすさなどで考えてみましょう。

うまくいけばその間に効果もわかるようになります。

こちらでは、人気のおすすめ睡眠サプリメントをお教えしていきます。含有されている成分についてもご説明していきますのでご参照ください。

 

味の素 「グリナ」

調味料で著名な味の素は、アミノ酸の研究を100年以上絶え間なくしている長年の伝統がある会社です。

グリナはアミノ酸の中のグリシンに熟睡効果があるという研究結果から特許を得ています。

たくさんあるグリシンが主成分の睡眠サプリメントであっても、グリシン3000mgと含有量の多いのでチャレンジしてみる価値はあると考えられます。

グリシンだけで睡眠効果を体感してみたいという人にはおすすめのサプリメントです。

 

ファンケル 「快眠サポート」

アミノ酸の中でセリンのみが使われている睡眠サプリです。

滑らかな寝つき、良質の睡眠、目覚めた時のスッキリ感まで力になってくれます。お勤めや家でのストレスから起こる睡眠の不快も、これで克服できるかもしれませんね。

また、セリンには女の人に嬉しい美肌効果もあるだと評判です。睡眠の質がよくなり肌への好影響も望めますが、セリンのもつ美肌効果でさらにその効果もアップそうですね。

 

ECスタジオ 「グッドナイト27000」

快眠効果が高いアミノ酸、テアニンばかりか、グリシン・トリプトファン・ギャバなどの睡眠効果が見られるアミノ酸を濃密して配合しているサプリメントです。

しかしながら、それのみではありません。さらにストレスから解放する効果があると伝えられているハーブ、カモミールやラフマのエキスも入っていますから、効果の体感も即訪れそうですね。

タレントさんやモデルさん愛用でも雑誌などで注目されました。

国内生まれているという面でも安心できるサプリメントであると言え、科学的なものが一切含まれていないので問題なく毎日継続する事が可能だと思います。

キラ★リズム 「シンデレラ スリープ」

名前からも判るように、女の人のために開発された女性に適した成分を配合している睡眠サプリメントです。

女性ホルモンの低下による事が原因で睡眠にイライラ感が出てしまうことが多いのであれば、このサプリメントはピッタリです。

睡眠を支えるアミノ酸にはグリシン・ギャバ・トリプトファンを含有し、さらに女性の体にありがたいイソフラボンの他3種類のホルモンサポート成分と、ストレスから解放してくれる効果が見られるハーブも6種類組合せしています。

 

リラクル 「リラクミンプレミアム」

快眠効果抜群のアミノ酸からはギャバの成分を配合している睡眠サプリメントです。

このサプリメントの持ち味はセロトニンが主成分となっているところで、睡眠ホルモンを増加させて熟睡につきやすくする効果が思っている以上に見込めます。

その他にもリラックス作用があるアロマに、血液サラサラ成分やビタミン類もしっかり取り込めるので、栄養配分を懸念している人にもおすすめです。

 

睡眠サプリの効果や副作用とは?

お手軽に摂取できる点が支持されているサプリメント。

しかし、効果や副作用はどうなのかって気になりますよね?

ここでは、睡眠サプリメントが本当に効果が期待できるのか?や副作用の心配はないのか?をご紹介していきたいと思います。

 

 

睡眠サプリメントと睡眠薬の効果の違いについて

 

初めに睡眠サプリメントが健康補助食品であるのに比べて、睡眠薬は医薬品です。

 

それぞれの具体的な効果は、

睡眠サプリメント

 

ストレスを緩和して睡眠の質を確かなものにする効果

朝起きた時の疲れを軽減する効果

睡眠薬

 

脳の機能を低下させ催眠作用を促進する効果

自然な眠気を強める効果

 

どちらも睡眠の質を正常化するという効果に違いありませんが、睡眠サプリメントは睡眠に必須な栄養素を採り入れることで間接的によい作用を齎すというのと比べて、

 

睡眠薬は脳にダイレクト働きかけることで作用がある、といったポイントがあります。

 

副作用について

 

健康食品と医薬品ですので、各々の副作用のリスクは異なるものです。

 

睡眠サプリメント

 

食品のため基本は副作用はない

 

睡眠薬

 

睡眠薬の種類によって副作用は違うが、中心的な副作用として、「眠気が翌朝まで残存する」「集中力の悪化」「筋弛緩作用が元となるふらつき」「物忘れが増える」「妊娠中、授乳中の悪影響」などが列挙される。

 

副作用のリスクについては人それぞれで、絶対に安全性をお約束できるものにはなりません

睡眠サプリメント、睡眠薬、各々の違いを理解することが重要ですね。

 

睡眠サプリメントと睡眠薬どっちがいいの?

 

 

ここまでで説明した特質からすると、本格的な不眠対策を行なうのが未体験で、かつ

 

・副作用の不安を抑えたい

・できるだけ早く手間なしでスタートしてみたい

 

という方は睡眠サプリメントにチャレンジするのがおすすめです。

 

その一方、睡眠薬は医師の診察&処方を欠かすことが出来ませんので、睡眠サプリメントにトライしてみても効果無しで副作用のリスクを容認した上で使うという方は睡眠薬の実行をおすすめします。

睡眠薬と睡眠サプリの違いって?

 

病院で不眠に関した不眠症状を言うと、医師は受診した上で現状を診断し、不眠の基礎的な治療法の一つとして、薬を処方する時があります。

処方してもらう薬は睡眠薬または睡眠導入剤が殆どです。

ここでは、睡眠薬と睡眠導入剤の違い、その種類についてお教えします。

 

睡眠導入剤とは

 

不眠症には多くの種類があり、同様に、薬にも多くの種類があります。薬を選択する時の目安の一つとして作用時間があり、大きく4つの類に分かれます。

超短時間型:3~4時間短時間型:5~6時間中時間型:7~8時間長時間型:それ以上の時間

睡眠導入剤とは、原則寝付きの改善に関わる薬剤全般を言うのです。

 

睡眠薬のひとつで、上記の「超短時間型」や「短時間型」に相当する睡眠薬です。

睡眠薬はジンワリと長く効き目があるというのと比べて、睡眠導入剤はすぐさま効き、効果も考えている以上に短時間です。

 

市販薬と処方薬の違い

 

 

ドラッグストアなどで手に入れられる市販薬は、医師の処方をもらって調剤薬局で購入する処方薬とは異なり、副作用があまりなく、効果も安らかです。

不眠の症状が大したことない場合は、市販薬の方法でみて、それで症状が良化するのであれば、処方薬を摂取することは不要です。

代表的な薬の種類

代表的な市販薬・処方薬としては、各々下記のようなものがあります。

 

市販薬
・ジフェンヒドラミン塩酸塩

 

処方薬
・バルビツール系
・非ベンゾジアゼピン系
・ベンゾジアゼピン系
・メラトニン受容体作動薬
・オレキシン受容体拮抗薬

処方薬につきましては、昔はバルビツール系が主流でしたが、副作用が激しく安全性にも問題がありました。

その後、ベンゾジアゼピン系の薬が作られ、バルビツール系とは違って安全性が高いため、たくさん処方されるようになりました。

より一層依存度が弱いベンゾジアゼピン系も登場し、この2種類が今日のメインになっています。

また、近頃体内時計に影響を与えるメラトニン受容体作動薬や、覚醒をキープする脳内物質に影響を与えるオレキシン受容体拮抗薬といった、さらに依存度の弱い薬も販売され、処方されるようになってきています。

一方で市販薬は、かぜ薬などにも組まれているジフェンヒドラミン塩酸塩を成分としていて、徐々に、自然に近い眠りに繋げる良い結果が期待できます。

 

睡眠導入剤の作用

 

人間の脳内には神経伝達物質という、データベースを伝えるための物体があります。

GABA、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリンなどがこれにあたり、睡眠導入剤の多くの場合は、これ程の神経伝達物質の働きを支配することで、働きます。

例えば、現在もよく活用されているベンゾジアゼピン系の薬の作用をご紹介しましょう。

ベンゾジアゼピン系の薬は大脳辺縁系のベンゾジアゼピン受容体の原因となって、多くの神経の機能を阻止します。

コントロールされるのはノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経系で、この機能がコントロールされると不安や緊張がなくなって、少しずつ眠くなるのです。

睡眠サプリの種類について

睡眠サプリメントは、スッキリした睡眠をサポートする成分を体にカバーすることで熟睡に導いてくれるものです。

いっぱいの商品があるため、どれを選び抜いたらよいのか思い悩む人も多いです。

忘れていけないことは、自分の目的や悩みに応じる成分が含有されているかを注目することです。
自分にマッチしたものを利用しなければ、期待する成果のでないことがあります。

 

たとえば睡眠サプリメントで混合されている成分として、グリシンやセントジョーンズワート、バレリアンなどの天然ハーブがあります。

グリシンはアミノ酸の1つですが、脳の体内時計や睡眠のサイクルをコントロールする働きを持つため、朝すっきり起きたい、眠りについても疲労が取れないという人におすすめです。

またセントジョーンズワートバレリアンなどといった天然ハーブには、セロトニンの濃くしてリラックス効果を引き起こす役割があります。

眠りに就く前に緊張が解け睡眠を取りたいといった人におすすめです。

 

精神安定や疲労回復成分も

 

それのみならず、カルシウムやビタミンB群といった成分が睡眠サプリに扱われていることがよくあります。

これらの成分はストレートに不眠を良化する働きはないものの、精神安定や癒やし効果 が見られます。高水準の睡眠を得ることを狙った成分といえます。

睡眠サプリメントに含有されている成分内容や含有量は、商品に応じて違います。

 

自分の目的や悩みにふさわしい成分が含有されているものを選定することで、より求める効果を手にできるといえます。

買う際には成分表示をよくチェックすることが不可欠です。

また、睡眠サプリメントは継続的に使う事でだんだんと体質を改善し、睡眠絡みの悩みも良化していけるものです。

即効性があるものではないというのを熟知しておきましょう。

 

自分の睡眠の質や悩みを知ることから始める

 

最近では、ハーブを使用した睡眠サプリも多くて、セントジョーンズワートやバレリアンにはリラックス効果があって、緊迫感のある方などに向いています。

しかし、ヨーロッパでは薬として扱われていた歴史もある成分ですから、他の薬を服用中の方や妊婦の方、授乳中の方は利用しない方が良いです。

 

そのほか、お茶の中にいるテアニンという成分は、脳の誘因となって興奮を抑制し、疲労感を低減してくれるので、ストレスで寝付けない方に向いています。

日頃に必要な栄養素であるビタミンB群にもメンタルを安定させる機能があり、正常な睡眠に必要な成分がきちんと入っているので、ビタミンB群が含まれたサプリメントを選択するのもいいと考えます。

女性独自の症状に対する成分が含まれたサプリメントもありますので、自分の体やメンタリティ、睡眠の様子を理解した上で睡眠サプリメントをチョイスして下さい。

睡眠サプリってどうやって選べばいいの??

疲弊しているのに寝れない、夜中に何回も目醒めてしまうなどの睡眠の悩みはありませんか?

 

いつまでも寝ても朝すっきり起きられず、疲労感がなくならないのでお昼の間ぼーっとしてしまう。

ですが病院に行くほどでもないという人には睡眠サプリメントがおすすめです。

睡眠薬は医師の処方されないと確保できませんが、サプリメントは健康補助食品なので手っ取り早く入手することができます。

 

即効性や効果は睡眠薬よりも劣りますが、そのぶん副作用が少々で、継続していくことで良質な睡眠 がとれるように体質改善できるという強みがあります。

 

睡眠サプリの成分と選び方

 

グリシン は睡眠と関係性が深い深部体温を低下させ寝つきを改良したり、睡眠ローテーションを整えたりする役割があります。

 

テアニン はストレスや緊張などによる交感神経の活動を緩和し睡眠の品質を良くします。
これらの成分は「直ぐに眠れない」「眠りが浅くぐっすりと眠れていない感じがする」という人におすすめです。

 

トリプトファン には睡眠ホルモンのセロトニンを増加させ精神を安定させる役目を果します。

 

GABA はアドレナリンの分泌を抑制し、脳をリラックスさせます。ストレスや緊張感による不眠の問題におすすめの成分です。

サプリメントは少なくても1ヶ月以上引続き飲み続けると、だんだんと体質が良くなり睡眠の質が改良したことを感じ取れます。
理想通りの睡眠をとることで一日内のコストパフォーマンスも引き上げること間違いなしです。

 

価格だけでなく、安心して使えることを確かめて選ぼう

睡眠サプリは国産品にすると外国産よりも価格が高額で、いらない支出が増えて苦労するものですよね。

外国産の商品は現地の賃金が安いため低価格で売られ、国産と一緒くらいに安心して使えることもありますね。

睡眠は生半可な状態になると日常生活にダメージをもたらすため、質を高めて頭を機能しやすくなるように対策をすると良いですよね。

購入する方法は通販サイトを活用すると外国産の商品を探せ、ユーザーの口コミやレビューを参考にすると選定するきっかけになりますね。

睡眠サプリメントは価格が安価だと効果がちゃんと出ないことも多く、高いとしても長く安心して使用できるように選ぶべきですよね。

睡眠は浅い状態が持続すると仕事を優先しにくくなり仕事内容に悪影響を与えるため、深くなるように予防を講じることが重要になりますよ。

継続していくためにはコスパの良い睡眠サプリメントを!

睡眠薬に依存せずに不眠症を改良したい場合、睡眠サプリが効果的です。

睡眠サプリメントは不自然さのない眠りの誘因となるメラトニンの元やリラックス成分、抗ストレス成分が含まれています。

睡眠薬のような素早い効き目はなく、栄養によってだんだんと体質を改善させていくものです。

己の元来持っている働きを上げて、眠れない原因を治していくものです。

素早い効き目がないため、熟睡感を実感できるまで時間がかかると思います。個人差があるので何日かで実感する人もいれば、2~3ヶ月要す人もいます。

一定の期間が要されてしまうので、睡眠サプリメントを選択するケースでは「続けやすさ」が肝心です。

タブレットや液体などの型、匂いや携帯やすさ、含有されている成分や安全性など諸条件がありますが、間違いなく譲れないのが価格の安さです!

価格が高いとやり続けるのが困難になってしまいますし、それがダメージになって無意味に眠れなくなるケースがあります。
ストレスを感じにくい範囲内で、1日に缶コーヒー1杯程度の消費であれば問題なく続けられそうですよね。

 

 

安い価格でも成分にはこだわりたい!コスパ抜群の睡眠サプリメント

 

いくら安くても、ちゃんと睡眠をサポートしてくれる成分が組み込まれていなければ価値がありません。

睡眠薬とは違って、パタッとやめても増々不眠症が酷い状態になる反兆性不眠や依存症がないので、自身の判断で途切らせることもできます。

例として1ヶ月過ぎて眠れるようになったと感じ取れれば、即座に取り止めにすることができるのでこれ以上費用がかかることはありません。

不安なく飲み続けることができます。

必ず摂取したい『メラトニン』

不眠症の原因はひとさまざまですが、自然な睡眠を誘発し、睡眠サイクルを正常化しくれる「メラトニン」は不眠解消に何としてもに譲れません。

メラトニンは直に取ることができないので、メラトニンの材料となる成分を含むサプリメントを選んで摂取しましょう。

吸収を引きあげてくれる補酵素のビタミンB6 が含有されているとも必須条件です。

トリプトファン は必須アミノ酸のため、体内で合成できません。サプリメントで摂取して体内のメラトニン分泌量を増やしていきましょう。

 

 

メラトニンを摂取できるおすすめサプリは?

 

セロトニンを摂取することでメラトニンが分泌され、自然な睡眠サイクルが形成することができるのです。

ですので、セロトニンを摂取できるサプリメントがメラトニンを摂取できるサプリメントということなんです。

そこでおすすめは『リラクミンse』です。

このサプリメントは、多くのセロトニンを作り出す成分が配合されています

 


 

詳しい解説はこちら
リラクミンse の口コミや効果・成分について徹底解説!!

 

成分だけでなく、お値段も初回価格なら1日90円程度と激安です!

私も愛用しているので少しご紹介させていただきました♪