睡眠薬と睡眠サプリの違いって?

 

病院で不眠に関した不眠症状を言うと、医師は受診した上で現状を診断し、不眠の基礎的な治療法の一つとして、薬を処方する時があります。

処方してもらう薬は睡眠薬または睡眠導入剤が殆どです。

ここでは、睡眠薬と睡眠導入剤の違い、その種類についてお教えします。

 

睡眠導入剤とは

 

不眠症には多くの種類があり、同様に、薬にも多くの種類があります。薬を選択する時の目安の一つとして作用時間があり、大きく4つの類に分かれます。

超短時間型:3~4時間短時間型:5~6時間中時間型:7~8時間長時間型:それ以上の時間

睡眠導入剤とは、原則寝付きの改善に関わる薬剤全般を言うのです。

 

睡眠薬のひとつで、上記の「超短時間型」や「短時間型」に相当する睡眠薬です。

睡眠薬はジンワリと長く効き目があるというのと比べて、睡眠導入剤はすぐさま効き、効果も考えている以上に短時間です。

 

市販薬と処方薬の違い

 

 

ドラッグストアなどで手に入れられる市販薬は、医師の処方をもらって調剤薬局で購入する処方薬とは異なり、副作用があまりなく、効果も安らかです。

不眠の症状が大したことない場合は、市販薬の方法でみて、それで症状が良化するのであれば、処方薬を摂取することは不要です。

代表的な薬の種類

代表的な市販薬・処方薬としては、各々下記のようなものがあります。

 

市販薬
・ジフェンヒドラミン塩酸塩

 

処方薬
・バルビツール系
・非ベンゾジアゼピン系
・ベンゾジアゼピン系
・メラトニン受容体作動薬
・オレキシン受容体拮抗薬

処方薬につきましては、昔はバルビツール系が主流でしたが、副作用が激しく安全性にも問題がありました。

その後、ベンゾジアゼピン系の薬が作られ、バルビツール系とは違って安全性が高いため、たくさん処方されるようになりました。

より一層依存度が弱いベンゾジアゼピン系も登場し、この2種類が今日のメインになっています。

また、近頃体内時計に影響を与えるメラトニン受容体作動薬や、覚醒をキープする脳内物質に影響を与えるオレキシン受容体拮抗薬といった、さらに依存度の弱い薬も販売され、処方されるようになってきています。

一方で市販薬は、かぜ薬などにも組まれているジフェンヒドラミン塩酸塩を成分としていて、徐々に、自然に近い眠りに繋げる良い結果が期待できます。

 

睡眠導入剤の作用

 

人間の脳内には神経伝達物質という、データベースを伝えるための物体があります。

GABA、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリンなどがこれにあたり、睡眠導入剤の多くの場合は、これ程の神経伝達物質の働きを支配することで、働きます。

例えば、現在もよく活用されているベンゾジアゼピン系の薬の作用をご紹介しましょう。

ベンゾジアゼピン系の薬は大脳辺縁系のベンゾジアゼピン受容体の原因となって、多くの神経の機能を阻止します。

コントロールされるのはノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経系で、この機能がコントロールされると不安や緊張がなくなって、少しずつ眠くなるのです。