睡眠サプリの効果や副作用とは?

お手軽に摂取できる点が支持されているサプリメント。

しかし、効果や副作用はどうなのかって気になりますよね?

ここでは、睡眠サプリメントが本当に効果が期待できるのか?や副作用の心配はないのか?をご紹介していきたいと思います。

 

 

睡眠サプリメントと睡眠薬の効果の違いについて

 

初めに睡眠サプリメントが健康補助食品であるのに比べて、睡眠薬は医薬品です。

 

それぞれの具体的な効果は、

睡眠サプリメント

 

ストレスを緩和して睡眠の質を確かなものにする効果

朝起きた時の疲れを軽減する効果

睡眠薬

 

脳の機能を低下させ催眠作用を促進する効果

自然な眠気を強める効果

 

どちらも睡眠の質を正常化するという効果に違いありませんが、睡眠サプリメントは睡眠に必須な栄養素を採り入れることで間接的によい作用を齎すというのと比べて、

 

睡眠薬は脳にダイレクト働きかけることで作用がある、といったポイントがあります。

 

副作用について

 

健康食品と医薬品ですので、各々の副作用のリスクは異なるものです。

 

睡眠サプリメント

 

食品のため基本は副作用はない

 

睡眠薬

 

睡眠薬の種類によって副作用は違うが、中心的な副作用として、「眠気が翌朝まで残存する」「集中力の悪化」「筋弛緩作用が元となるふらつき」「物忘れが増える」「妊娠中、授乳中の悪影響」などが列挙される。

 

副作用のリスクについては人それぞれで、絶対に安全性をお約束できるものにはなりません

睡眠サプリメント、睡眠薬、各々の違いを理解することが重要ですね。

 

睡眠サプリメントと睡眠薬どっちがいいの?

 

 

ここまでで説明した特質からすると、本格的な不眠対策を行なうのが未体験で、かつ

 

・副作用の不安を抑えたい

・できるだけ早く手間なしでスタートしてみたい

 

という方は睡眠サプリメントにチャレンジするのがおすすめです。

 

その一方、睡眠薬は医師の診察&処方を欠かすことが出来ませんので、睡眠サプリメントにトライしてみても効果無しで副作用のリスクを容認した上で使うという方は睡眠薬の実行をおすすめします。